保険会社と交渉していて思うこと | 交通事故|鹿児島で弁護士に相談をするなら弁護士法人グレイスへ

弁護士コラム

保険会社と交渉していて思うこと

  • 後遺障害
  • 損害賠償

2015.11.25

弁護士 黒﨑裕樹

ニュースレター23号掲載

保険会社と交渉していて思うこと

交通事故を担当していると保険会社と色々な話をする機会があります。その中で、たまに明らかに保険会社の説明が誤っていると感じることがあります。その中のいくつかを以下に列挙させて頂きます。

① せっかく後遺障害の等級認定してあげたのに

これは、既に後遺障害の等級認定が済んでいて、保険会社から賠償金額の提示があった段階で、その金額に不満があるということで相談に来られた方の件で、保険会社の担当者に今後の方針を説明した際に言われた一言です。

この方は、後遺障害として右腕について4級、高次脳機能障害について9級、併合3級と認定されたものの、賠償金額が低額に留まっていたことから、当事務所に相談に来られたものです。医療記録を拝見し、被害者本人と面談した結果、高次脳機能障害について適切な等級は7級、併合2級が適切な等級であると判断致しました。
そこで、当事務所で改めて後遺障害の認定申請をすると伝えたところ「せっかく後遺障害の等級認定してあげたのに」と言われたのです。

後遺障害の等級認定の手続には大きく分けて加害者請求被害者請求とあり、前者は相手の保険会社に等級認定してもらう手続で、事前認定ともいいます(「一括対応で」と説明してくることもあります)。一方後者は、被害者や被害者側の専門家が独自に証拠資料を集め、被害者側が主導して後遺障害の等級認定の手続を行うというものです。当事務所が実施しているのは後者の被害者請求で、これに真摯に対応できる法律事務所は鹿児島では当事務所ぐらいなものです。

この被害者請求という手続は、非常に手間がかかるのですが、加害者請求よりも適切な等級が認定される可能性が高いです(適切な等級の認定まで約束できるものではありませんが)。
加害者請求を担った「相手方」保険会社の「従業員」に過ぎない担当者が、どこまで後遺障害について詳しいのかという問題もあります。そのため、「せっかく後遺障害の等級認定してあげたのに」は大きな誤りなのです。

② 事故後5ヶ月前後で後遺障害診断書の作成を案内

後遺障害の認定申請に関して言えばもう一つ、事故から5ヶ月経った段階で相手方保険会社から「そろそろ・・・」と治療終了の打診をしてくることがあります。被害者が「まだ痛いので治療を続けたい」と言うと「ここまで治療して治らないのであれば後遺障害として認定される可能性があるから後遺障害診断書を書いてもらってください」と案内してきます。

しかし、この話に安易に乗ってはいけません。なぜならば、治療期間が5ヶ月程度では、軽傷とみなされるのか、後遺障害として等級認定されることは殆ど無いからです。そして、一度後遺障害診断書が作成されてしまうと、その瑕疵を回復することは困難です。
後遺障害として等級認定されることが殆ど無いにもかかわらず「後遺障害として認定される可能性があるから」と言って治療終了→後遺障害診断の案内をすることは、誤った説明であると私は考えています。

このように、保険会社の説明の中には、多くは合っているのかもしれませんが、誤っている部分が含まれています。
保険会社の説明には安易に同意することなく事前に法律事務所に相談に行かれたほうがいいです。
どんなに親切な対応をしていても、相手の保険会社はあくまでも「相手方」で、できる限り保険会社から支出されるお金を減らそうとします。特に3ヶ月以上治療が続いている件で保険会社とやり取りされる際には、慎重に対応されることをお勧めします。

関連するコラムはこちら

後遺障害に関連するコラム

「車両の損傷が軽微なので 治療費の立替払いを今月で打ち切ります」

当事務所に御相談に来られる交通事故被害者の方で、一定割合、車両の損傷が軽微であることを理由に治療費支払いを打ち切られる方がいらっしゃいます。

  • 後遺障害

2017.04.25

交通事故でむち打ちになった方のために

この記事をお読みの方の中で交通事故に遭った方はそう多くはないと思います。交通事故に遭った方の中でも、骨折以上の傷害を負った方はより一層少ないのではないでしょうか。多くの方は、交通事故に遭ったとしても、いわゆる「むち打ち」症にとどまっているはずです。

  • 後遺障害

2016.08.25

保険会社と交渉していて思うこと

交通事故を担当していると保険会社と色々な話をする機会があります。その中で、たまに明らかに保険会社の説明が誤っていると感じることがあります。その中のいくつかを以下に列挙させて頂きます。

  • 後遺障害
  • 損害賠償

2015.11.25

後遺障害と付き合いながら、「就職する」という選択肢について

交通事故に遭われた方のうち、特に重傷を負われた方は、一生涯後遺障害と付き合っていかなければなりません。弁護士の仕事の中心は賠償金の獲得にあるため、当事務所ではこれまで、示談交渉業務や裁判業務に、さらに続いて後遺障害等級の獲得に注力して参りました。

  • 後遺障害

2015.11.05

事故専門部の業務内容について

今年の4月から事故専門部のリーダーを務めている永渕です。本号では、グレイス事故専門部が得意とする交通事故の案件における後遺障害の立証についてご説明させて頂きます。

  • 後遺障害
  • 高次脳機能障害

2015.09.25

人工関節・人工骨頭について

交通事故に遭い、上肢や下肢の関節を骨折した場合、骨折の程度によっては、骨折部位の関節を人工関節や人工骨頭に置換しなくてはならないことがあります。

  • 後遺障害

2015.07.23

交通事故によって頭部外傷を負われた方へ~生活支援編~

旧来の弁護士が担っていたのは、基本的に後遺障害等級が認定されたあとの示談交渉や裁判の部分です。しかし、賠償金額は後遺障害等級によって大きく左右されるものであるため後遺障害等級が認定される前、症状が固定する前、治療期間中に専門家に依頼したほうがいいです。

  • 後遺障害
  • 高次脳機能障害

2015.05.21

偽関節(バイク事故の後遺障害)

自転車やバイクに乗車中に、自動車との交通事故に巻き込まれた場合、自転車やバイクの搭乗者は、衝撃を直接受けるため、骨折等の重傷を負うことが多いです。

  • 後遺障害

2015.05.12

「後遺障害」とそれに伴う諸問題 -介護事故を中心に-

第4回目のコラムを担当させて頂きます、弁護士の黒﨑です。私は交通事故案件を多く取り扱っているのですが、そこから派生したお話をさせた頂ければと存じます。

  • 後遺障害

2014.04.25



損害賠償に関連するコラム

通勤中の事故と会社の責任

これまでにも、このコラムにおいて、従業員が通勤中に起こした交通事故によって、会社が被害者に対して損害賠償責任を負うことがあるのかということを簡単にご説明したことがございました。今回は、このテーマをより掘り下げてみたいと思います。

  • 損害賠償

2017.09.25

車が盗まれた場合の責任

自分の所有する車が盗まれ、盗んだ犯人がその車で人身事故を起こした場合、窃盗の被害者である車の所有者が、人身事故の被害者に対して損害賠償責任を負うことはあるのでしょうか。

  • 損害賠償

2017.08.25

運行供用者責任について

交通事故の被害者になってしまった場合、加害者に対して、治療費や休業損害、慰謝料、後遺障害逸失利益といった損害の賠償の請求をします。この場合の加害者は、加害車両の運転者であることが一般的です。

  • 損害賠償

2017.07.25

役員報酬と休業損害の関係について

会社の従業員が交通事故に遭って会社を休んだために減収になった場合、休業損害証明書を会社が作成して保険会社に提出することによって、年収から割り出した日額に休業日数を掛け合わせた金額が休業損害として保険会社から支払われるのが一般的です

  • 損害賠償

2017.03.25

損益相殺について

交通事故に遭った場合、加害者側の保険会社から支払われる治療費や慰謝料等の賠償金の他に、労災保険や年金からお金が支給されることがあります。労災保険や年金から支給されたお金は、加害者側の保険会社から支払われる賠償金との関係ではどの様に扱われるのでしょうか。

  • 保険
  • 損害賠償

2016.12.25

保険会社と交渉していて思うこと

交通事故を担当していると保険会社と色々な話をする機会があります。その中で、たまに明らかに保険会社の説明が誤っていると感じることがあります。その中のいくつかを以下に列挙させて頂きます。

  • 後遺障害
  • 損害賠償

2015.11.25

自転車の物損

修習時代からスポーツ用の自転車で友人と一緒にサイクリングに行くことが趣味になっています。また、就職してからは、仕事でも自転車を頻繁に使うようになりました。

  • 損害賠償

2015.05.12



弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。
Site Menu

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

離婚問題相談サイト

相続トラブル相談サイト

債務整理相談サイト


鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F
新規予約  0120-100-129 0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00
     土日10:00〜18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.