• HOME
  • 交通事故Q&A
  • 「交通事故裁判にはどれぐらいの時間が掛かりますか?」裁判手続のQ&A

【Q2】 交通事故裁判にはどれぐらいの時間が掛かりますか?

Q

交通事故裁判にはどれぐらいの時間が掛かりますか?

A

まず訴状を裁判所に提出します。

裁判所が加害者側に訴状を送付します。訴状は手渡しになりますので、加害者の住所が分からなかったり、加害者が受け取りを拒否したりしていると、訴状の送付ができませんので、すぐには裁判手続は始まりません。このとき、実際に加害者が住んでいるところの調査を裁判所から求められますが、ここでの説明は割愛致します。

訴状の送付が完了したとき、訴状の送付があってから大体1ヶ月から2ヶ月後に、第一回期日が開かれます。

第一回期日は訴状が提出されていることを確認するのみで、相手から簡単な反論は出ても、詳細な反論が出ないことは多々ありますし、相手が裁判所に出廷してこないことも多々あります(これは民事訴訟法上で被告側に認められた権利と言っても過言ではないと思います)。

第二回期日は第一回期日の一ヶ月後に開かれることが多いです。

このときまでには相手から詳細な反論が出てきます。ただし、ごくまれに、相手がカルテの開示を求めてきて、開示されたカルテをもとに相手保険会社の顧問医が意見書を作成し、その意見書をもとに相手が反論の書面を用意してくることもあります。そのときには第二回期日や第三回期日は遅めに設定されるため、裁判は長期化します。

相手にも反論する権利がありますし、訴訟指揮は専ら裁判所の権限で行われますので、この訴訟進行を弁護士がコントロールすることはできません(「お願い」程度はできますが)。相手から反論が出てきたら、その反論の書面が提出されたことを確認した次の期日までに、こちら側が再反論をし、そのまた次の期日に相手が再々反論をし、といったように、期日ごとに交互に主張と反論を繰り返して、争点を整理していきます。

この過程で、相手保険会社の顧問医の意見書が出てきたときには、こちらも主治医の先生に医療照会への御協力をお願いしなければなりませんので、主治医の先生とは良好な関係を保っていただきたいです。

この主張と反論には、短ければ4ヶ月、大体6ヶ月、長ければ1年近くの時間を要します(1年以上かかることもあります)。案件によって争点が多岐にわたったり、請求金額が大きくなったりすれば、長期化する傾向にあると考えて頂いて構いません。

主張と反論が尽きてくると、一度裁判所から和解案の提示がなされます。
この和解案を受け入れればそこで裁判は終結しますし、受け入れなければ尋問手続に移行します。

尋問期日は、和解が決裂してから大体2ヶ月から3ヶ月後に開かれます。

裁判所でも準備が必要のため、比較的遅めに期日が設定されることが多いです。この尋問期日は平日に開かれますが、被害者の方には都合をつけて頂いて出廷して頂きます。尋問後は、再度和解案が提示されることもありますし、そのまま判決となることもあります。

判決となる場合には、判決が下される1ヶ月ほど前に最終準備書面を提出して、判決期日を待ちます。※提出しないこともあります。判決は尋問が行われてから大体2ヶ月後から3ヶ月後に下されることが多いです。

トータルで、訴状を提出してから裁判が終結するまで、どんなに短くても6ヶ月はかかります(争点が簡易で、かつ裁判所からの和解案を受け入れる場合)。長ければ、訴状を提出してから第一審の裁判が終結するまで、1年6ヶ月から2年ぐらいかかります(それ以上かかることもあります)。

ここで「第一審の裁判が終結するまで」と申し上げましたが、日本の裁判は三審制のため、第一審の裁判の結果に不服の場合には、こちらから控訴を提起することもありますし、相手から控訴を提起されることもあります。そうなると、最終的に賠償金を得られる時期はさらに延びます。

控訴審は、第一審の判決が当事者に送付されてから2週間以内に提起する必要があり、控訴を提起してから大体2ヶ月以内に控訴審の第一回期日が開かれます。第一審で主張立証は尽きているというのが建前ですので、原則として控訴審は一回結審です。そのため、控訴審では第一回期日に全精力を費やさなければなりません。

第一回期日が開かれたのち、控訴審でも裁判所から和解案の提示がなされます。和解がまとまればそこで終結となりますし、和解がまとまらなければ、最後の和解期日から1ヶ月程度で控訴審の判決が出ます。

なお、交通事故の場合、加害者が保険に加入していることが多いため、判決が出たあと加害者側が任意の支払に応じないということは考えられませんが、加害者が保険に加入していなかった場合、加害者本人に強制執行しなければなりませんので、最終的に賠償金を得るまではさらに時間がかかります。個別的に御相談頂ければ幸いです。



弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。
Site Menu

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

離婚問題相談サイト

相続トラブル相談サイト

債務整理相談サイト

大型債権回収相談サイト


鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F
新規予約専用ダイヤル
0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.