• HOME
  • 交通事故解決実績
  • 専業主婦である30代の女性について、物損が軽微ではあるものの事故により残存した痛みや痺れの存在を立証した結果、後遺障害等級併合14級が認定されたうえ、総額約535万円の賠償金が認定された事例

【59】専業主婦である30代の女性について、物損が軽微ではあるものの事故により残存した痛みや痺れの存在を立証した結果、後遺障害等級併合14級が認定されたうえ、慰謝料及び休業損害のほぼ満額が認められたことから、総額約535万円の賠償金が認定された事例

損傷部位 傷病名 認定等級 獲得金額 手続き 仕事内容 事故の状況

外傷性頚部症候群
腰椎捻挫
併合14級 535万円 示談 専業主婦 自動車

事故発生からご相談までの流れ

依頼人は、駐車場において駐車していたところ、前方から後退してきた加害車両が後方を確認しなかったことから、依頼者の車両の前方に正面衝突をする態様で発生しました。

相談・依頼のきっかけ

今回の交通事故により受傷直後から被害者には外傷性頚部症候群及び腰椎捻挫による痛み及び痺れが継続しており、後遺障害として残存する可能性がありました。しかしながら、もしこのまま後遺障害が残ってしまったとして、適切な補償を受けることができるのか、また今後の流れがどのようになるのかに不安を感じた事から、御相談を頂き、御依頼して頂ける運びとなりました。

当事務所の活動

今回の交通事故の最大の難点は、物損の程度が軽微だった点です。なぜなら、車両の損傷が軽微であるということは、被害者の方が事故により受けた衝撃が軽微であると考えられるため、後遺障害認定において非常に不利になる傾向があるからです。しかしながら、依頼者の方に重い神経症状が残存していることは紛れもなく事実であることから、物損は軽微であるが重篤な神経症状が残存することが合理的であると判断してもらうための資料収集が必要となりました。

そのため、当事務所では、単に物損の程度から判断するのではなく、事故態様が正面衝突であることから、被害者の方に衝撃がダイレクトに伝わったという事故態様の特殊性を強く主張するとともに、今回の事故により後遺障害が残存することは決して不自然ではないことを事故資料などから明らかにしました。

さらに、頚椎及び腰椎の神経症状が強く残っている点を医学的に明らかにすべく、診断書や診療報酬明細書はもとより、リハビリテーション時の資料及び診療情報提供書などの被害者の方に残っている症状を明らかにする資料の全てを収集し、満を持して後遺障害申請を行いました。

その結果、自賠責調査事務所は、事故による衝撃から今回の症状が生じさせた事実を認め、頚椎及び腰椎の神経症状が後遺障害と認定したために、無事後遺障害等級併合14級が認定されました。

サポートの流れ(示談交渉サポート)

後遺障害が認定された後、速やかに示談交渉を開始しました。依頼者の方のような主婦の方の場合、休業損害が非常に大きな争点となります。なぜなら、当該後遺障害のために本当に家事を行うことができなかったのかが争点となるからです。特に、保険会社は物損による衝撃が軽微であることから、依頼者には後遺障害がなく、また家事を行うにあたり支障がなかったという態度を示しました。

確かに、示談交渉しか行わない弁護士であれば、物損が軽微であることから、弱気な交渉にならざるを得なかったかもしれません。しかしながら、当事務所では後遺障害申請から全面的に関わっているからこそ、単に物損の程度だけで判断するのではなく、それが依頼者に事故の衝撃がどのように伝達されたかが大切である点を強調することができました。

その結果、保険会社も依頼者に重い神経症状が残存したために家事を行うことができなかった事実を認め、休業損害を大幅に増額して示談を成立させることができました。

結果

本件交通事故の最大の難点は、物損が軽微であるという点です。物損が軽微であることから、①後遺障害の認定が困難②保険会社も慰謝料や休業損害の支払を拒絶することから考えられ、実際にこの点が現実化しました

通常、物損の修理費用が低額である場合、このような軽微な衝突で後遺障害が残らないと推認されることから、その推認を止める必要があります。本件の場合、加賀車両がバックで正面から衝突してくるという珍しい事故態様であったことから、その特殊性を強調すると共に、依頼者の症状がこれほど強く残っていることを丁寧に立証することにより、頚椎と腰椎の2つの部位で後遺障害が認定されました。

【当事務所の示談交渉サポートを受けた場合と受けなかった場合の比較】

  サポートなしの場合 サポートありの場合 備考
後遺障害等級 非該当 併合14級  
治療費 135万2466円 135万2466円  
入通院慰謝料 80万円 109万円 赤本基準
休業損害 75万8100円 100万3535円 ほぼ赤本基準
後遺障害慰謝料 0円 110万円 赤本基準
後遺障害逸失利益 0円 80万6823円 赤本基準
合計額 291万566円 535万2824円 約1.8倍

※弁護士介入前に、示談案が提示されていないため、「サポート無しの場合」は、自賠責保険の基準をもとに算定しています。

解決のポイント(所感)

後遺障害申請段階から全面的に関与し、治療期間・後遺障害申請・示談交渉という事故の解決に至るまでの全ての手続を担当する当事務所だからこそ、実現できた解決だと自負しております。依頼者の方にとって不利な事実があるとしても、それを交通事故の初期段階から対応することにより、その不利な事実に対して反論できるだけの資料を集め、かつこれに成功したからこそ、高額な賠償金での解決を図ることができました。

当事務所では、仮に依頼者にとって不利な事実や状況であっても、決してそれで諦めることなく、反論する事実を収集し、依頼者の方にとって最善の結果を実現するために、決して諦めません。不利な状況に追い込まれている交通事故被害者の方こそ、ぜひ当事務所にまで御相談下さい。

お客様の声(アンケート)

お客様の声



その他の解決実績はこちら

部位別に探す

交通事故 部位別解決事例

頭部(脳)

顔(目・耳・鼻・口)

首(頸椎)

肩

脊髄・脊柱(胸椎・腰椎)

腰(腰椎)

上肢(腕・肘・手)

骨盤(股関節・大股)

膝(靭帯)

下肢(太もも・足先)

右図のご興味のある丸部分をクリックしてください。
各部位の解決事例をご覧頂けます。

死亡事故の解決事例はこちら >

高次脳機能障害の解決事例はこちら >

後遺障害の認定等級で探す

損害賠償金額で探す

手続きの種類で探す

手続き

被害者の事故の状況で探す

被害者の属性で探す

弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。
Site Menu

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

離婚問題相談サイト

相続トラブル相談サイト

債務整理相談サイト

大型債権回収相談サイト


鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F
新規予約専用ダイヤル
0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.