鹿児島の弁護士による交通事故の無料相談

鹿児島の弁護士による交通事故の無料相談
0120-100-129│無料相談のご予約(電話受付時間:全日 9:00-21:30 年中無休)

目の後遺障害

目の後遺障害   

交通事故が原因で、眼に後遺障害を負ってしまうケースもあります。眼の後遺障害は大きく2つに分類することが可能です。

(1)眼球の障害・・・視力障害、調節機能障害、運動障害、視野障害
(2)眼瞼の障害・・・欠損、運動障害

眼球の障害

(1)視力障害

交通事故により、失明に至ったり、視力が低下した場合、視力低下の程度に応じて後遺障害が認定されます。この場合の視力とは、裸眼視力ではなく、原則として眼鏡、コンタクトレンズ等を用いて得られる矯正視力のことを言います。

視力障害には、眼球の外傷を原因とするものと頭部外傷による視神経損傷を原因とするものがあります。後者の頭部外傷による視神経損傷を原因とするものについては、眼科だけでなく、神経内科や脳神経外科での診察も必要になることがあります。

<視力障害の認定基準>
等級 認定基準
1級 1号 両目が失明したもの
2級 1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
2級 2号 両眼の視力が002以下になったもの
3級 1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
4級 1号 両眼の視力が0.06以下になったもの
5級 1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
6級 1号 両眼の視力が0.1以下になったもの
8級 1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
9級 1号 1眼が失明し、又は一眼の視力が0.02以下になったもの
9級 2号 両眼の視力が0.6以下になったもの
10級 1号 1眼の視力が0.1以下になったもの
13級 1号 1眼の視力が0.6以下になったもの

(2)調節機能障害

私たちが物を見るとき、しっかりとピントが合ってみることができるのは、眼の調節機能が働いているからです。この眼の調節機能については水晶体が担っています。交通事故により、この調節機能が低下することがあり、低下の程度により後遺障害が認められることがあります。

もっとも、眼の調節機能は、年齢を重ねるにつれ、低下するため、55歳以上の被害者の方は等級認定の対象になりません。

<調節機能障害の認定基準>
等級 認定基準
11級 1号 両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
12級 1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの

(3)運動障害

眼球の運動は、眼を取り囲む3対の外眼筋によって維持されています。この外眼筋を損傷したり、その動きを支配する神経を損傷した場合、眼球の動きが制限され、ものが二重に見える複視といった症状が現れることがあります。眼球の運動が制限されることから、注視野(頭部を固定した状態で、眼球のみを動かして見える範囲)が制限されることもあります。

これらの症状が交通事故によって生じた場合、症状の程度によって、後遺障害が認定されます。

<運動障害の認定基準>
等級 認定基準
10級 2号 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
11級 1号 両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
12級 1号 1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
13級 2号 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの

(4)視野障害

視野とは、眼前の一点を見つめているときに、同時に見ることのできる外界の広さのことをいいます。

眼で見た情報は、網膜から視神経を通して脳に運ばれますが、交通事故によりこの視覚伝達経路に損傷を受けると、視野に異常や制限が出ることがあります。半盲症、視野狭窄、視野変状といった症状があり、症状の程度により後遺障害が認定されます。

<視野障害の認定基準>
等級 認定基準
9級 3号 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
13級 2号 1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの

眼瞼の障害

(1)眼瞼の欠損

眼瞼を欠損した場合、欠損の程度により9級4号、11級3号、13級4号、14級1号が認定されます。

瞼を閉じたときに、角膜を完全に覆うことができない状態の場合、瞼に著しい欠損を残すものとして、単眼の場合は11級3号が、両眼の場合は9級4号が認定されます。
瞼を閉じれば、角膜は完全に覆うことができるものの、白目が露出する場合は、瞼の一部に欠損を残すものとして、単眼で14級1号が、両眼で13級4号が認定されます。

また、瞼の欠損は、外貌の醜状障害として捉えることも可能です。

<眼瞼の欠損の認定基準>
等級 認定基準
9級 4号 両目の瞼に著しい欠損を残すもの
11級 3号 1眼の瞼に著しい欠損を残すもの

(2)眼瞼の運動障害

交通事故により、瞼の運動を支配する神経や筋肉が損傷した場合、瞼の運動が制限されることがあります。瞼には、閉じる、開ける、瞬きするといった運動がありますが、これらの運動が制限され場合、後遺障害が認められることがあります。

瞼を閉じた時に、角膜を完全に覆えない状態、瞼を開いた時に、瞼が瞳孔を覆ってしまうような状態の場合は、瞼に著しい運動障害を残すものとして、単眼で12級2号が、両眼で11級2号が認定されます。

<眼瞼の運動障害の認定基準>
等級 認定基準
11級 2号 両眼の瞼に著しい運動障害を残すもの
12級 2号 1眼の瞼に著しい運動障害を残すもの
13級 4号 両眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの
14級 1号 1眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの

等級認定のポイント

眼の後遺障害において、最も注意しなければならないことは、外傷に起因する他覚的所見によって、後遺障害の存在を証明しなければならないことです。

視力障害の場合では、視力検査を行い、事故前と事故後の視力を比べただけでは、後遺障害は認定されません。視力が低下していることだけでなく、視力低下の原因を明らかにしなければ、後遺障害等級は認定されないのです。

そのため、眼の後遺障害において、適正な後遺障害等級の認定を受けるためには、眼の後遺障害に詳しい医師の下で通院をし、後遺障害診断書を作成して頂く事が重要になります。

また、眼の後遺障害においては、眼の外傷が原因で後遺障害が引き起こされていない場合もあります。眼の後遺障害の場合、交通事故が原因の頭部外傷によって視神経を損傷し、眼の後遺障害になることもあるのです。つまり、適正な眼の後遺障害の認定を受けるためには、眼科だけでなく、神経内科や脳神経外科での診察も必要になるのです。

このような点に十分注意しながら対応しなければ、眼の後遺障害において適正な等級認定を得ることは難しいと言えます。

当事務所では、眼に後遺障害が残る可能性がある場合、適正な後遺障害等級の認定を得るために必要な方針をご提案させていただきます。眼に後遺障害が残るかどうか分からない場合であっても、交通事故に遭って眼に怪我を負ってしまった場合、眼に怪我は負っていないけど視力や視野に異常を感じられる場合はお気軽にご相談下さい。




後遺障害について更に詳しく知りたい方はこちら

後遺障害について更に詳しく知りたい方はこちら

後遺障害の種類について更に詳しく知りたい方はこちら

■ この業務を取り扱う弁護士

■ 関連するコラム・論文

■ 関連するセミナー・講演

2015年 5月
外部

(保険代理店向け)交通事故の全貌 法的実践セミナー

2015年 4月
内部

(交通事故被害者向け)交通事故勉強会

弁護士による交通事故の無料相談 0120-100-129 お気軽にご相談くださいお気軽にご相談ください ご相談までの流れ

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス
■損害賠償 ■後遺障害 ■後遺障害の種類 ■解決実績
■当事務所が選ばれる理由

交通事故・損害賠償・後遺障害など、交通事故に関する法律相談は無料です。
◎交通事故に関する相談は、着手金0円、相談料金0円ですので、まずはお気軽にご相談下さい。交通事故に遭われた方を一人でも多く救いたいと思っております。些細なご質問でも構いませんので、お電話下さい。

高次脳機能障害相談サイト

交通事故に遭われた方へ

事務所・弁護士の選び方

賠償金の基準

頭部外傷でお悩みの方

保険法務徹底強化セミナー

土日相談・出張法律相談

弁護士特約

自転車事故

バイク事故

交通事故Q&A

死亡事故のご遺族の方へ

保険会社から賠償金・示談金の提示がされている方へ

お客様の声

推薦者の声

お気に入りに追加する

お問い合わせはこちら

弁護士紹介はこちら

医師面談レポート

マイベストプロに弁護士・永渕が掲載されました

事務所概要

アクセスはこちら

事務所マップ 対応エリア

弁護士法人グレイス 古手川隆訓 鹿児島の社長 番組放映中

弁護士法人グレイス

企業法務相談サイト

離婚問題相談サイト

債務整理相談サイト

大型債権回収相談サイト


鹿児島県鹿児島市金生町1-1
アルボーレ鹿児島6F
新規予約専用ダイヤル
0120-100-129
受付時間 平日9:00~18:00

© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.